18年10月6日 土曜日

東播地域人権運動連合 加東市長に要請書9月25日

「部落差別の解消の推進に関する法律」については、附帯
決議の遵守を徹底して、部落(差別)問題解決の障害にな
る地方行政は断じて行わないよう求める(要請書)

要請事項
1 「部落差別の解消の推進に関する法律」ついては、参議院法務委員会の質疑を参考に附帯決議を遵守徹底されますよ  う求めます。
2 法律は、部落差別の解消の推進に関って地方自治体単独の施策の実施を求めてはいません。ましてや条例の制定など 必要ありません。加東市独自の「人権条例」は制定しないこと。
3 公正・公平・中立を旨とする地方自治公務の執行に当たり、一民間運動団体の意向に沿って、差別を掘り起す「実態調査」や、憲法の原則に反する「人権意識調査」などは行わないこと。
4 部落問題に特化した「相談体制の強化」などは行わないこと。
5 加東市が予算措置を行い実施する各種「人権・同和教育(啓発)」は終結すること。

要請書

20189251.pdf

18年10月5日 金曜日

兵庫東播人権連NEWS4号 問題解決に逆行「加東市部落差別解消推進条例」

2018105.pdf

18年9月28日 金曜日

官公庁の障害者雇用水増しに対する声明文 9月4日

(愛知)中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、愛知人権連合と難病患者会で作る「県難病団体連合会」は9月6日、問題の解明と責任の追及などを求める声明を出しました。同日、各組織から丹波正史代表と牛田正美事務局長等が共同会見に臨み、障害者手帳を持たない多くの難病患者も法定雇用の対象に含むべきだと改善を訴えました。複数の新聞社が参加し8日付けなどで新聞報道がなされました。
声明文では「意識的に水増しを行ってきた行為は許されない」と批判。難病患者の多くが障害者手帳を所持していない上、障害者雇用促進法による雇用率の対象外だとして「障害者雇用から事実上排除され続ける」と懸念を表明。新たに難病手帳を交付することなどを検討すべきだと訴えています。
会見で、同連合の丹波代表は、県内での指定難病患者数は4万5千人と説明。雇用の実態は把握されていないとして「社会的な地位が確立されていない問題」とも指摘をしました。また同連合会の牛田事務局長は「本来の就労援助が求められる人にあまねく届くようにしてほしい」と要望しました。

20180904.pdf

18年9月18日 火曜日

第8回全国大会は何を決定したか 「地域と人権」8/15号より

1187-02.pdf

18年9月18日 火曜日

第14回地域人権問題全国研究集会(東京) 延べ600名参加 9/14-15

dsc_0082.JPG
「赤旗」9月15日掲載

18年8月3日 金曜日

しまね人権連 「地域と人権」島根版815号

20188151.pdf
20188152.pdf

18年7月27日 金曜日

役員名簿の頁 更新

全国人権連第8回大会選出役員名簿
2018.6.23-24(別府)
201862324.pdf

18年7月19日 木曜日

第14回地域人権問題全国研究集会 東京 2018.9.14-15

1.pdf
2.pdf

18年7月19日 木曜日

「2018年7月豪雨」救援カンパ

2018719news.pdf

18年4月11日 水曜日

2018.1.26 政府交渉の記録

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

Next »