行事ご案内

16年7月1日 金曜日

第12回地域人権問題全国研究集会 埼玉 2016.10.29-30

第12回地域人権問題全国研究集会 埼玉 2016.10.29-30

201671.pdf

15年1月21日 水曜日

「人権と部落(同和)問題セミナー」1/29のご案内

2015129.jpg

14年7月7日 月曜日

第10回地域人権問題全国研究集会in松江

テーマ「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に」 

期日 2014年10月11日(土)~12日(日)
場所 島根県民会館大ホール、他 
主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
後援 島根県、島根県教育委員会、松江市、松江市教育委員会
参加費 4000円(分科会のみは2000円、学生無料)

1日目 受付11:30~、全体会13:00~17:00
  ■記念講演Ⅰ 「憲法を豊かに-人権としての社会保障-」
              講師 井上英夫氏(金沢大学名誉教授)
  ■記念講演Ⅱ 「自立・挑戦・交流-人と自然が輝き続ける島に-」
              講師 山内道雄氏(島根県隠岐郡海士町長)
  ■基調報告 「第10回集会の課題と地域人権運動の提起」
                  新井直樹氏(全国人権連事務局長)

2日目 分科会9:00~12:00  受付8:30~
  ■第1分科会「暮らしやすい地域づくり」 労働会館401号室
    ・暮らしやすい地域社会の課題を明らかにする
    ・「地域人権憲章」を地域づくりに活かす
    助言者 藤田安一氏(鳥取大学教授)
  ■第2分科会「部落問題の解決と行政・教育」 松江市総合福祉センター
    ・地域社会と部落問題解決過程の解明
    ・人権行政や人権教育の問題とあるべき方向
    助言者 奥山峰夫氏(部落問題研究所理事)
  ■第3分科会「現場がつくる新しい社会福祉」 島根県民会館県民展示ホール
    ・社会保障の現実と福祉の地域づくり
    ・医療、介護などの現場から
    助言者 石倉康次氏(立命館大学教授)
  ■第4分科会「憲法を軸に人間らしい暮らしや仕事を語ろう」 島根県民会館307会議室
    ・憲法のいまをとらえ、暮らしと労働の見直し
    ・社会的性差の実態と平等
    助言者 小畑隆資氏(岡山大学名誉教授)
  ■第5分科会「原発・エネルギー問題と人権」 島根県民会館303会議室
    ・エネルギー政策
    ・原子力災害と人権
    助言者 上園昌武氏(島根大学教授)
    助言者 水野彰子さん(島根県弁護士会)
  ■エクスカーション(体験型見学会) 12:40~16:30 ※参加希望者は事前申込必要
    「島根原子力館および松江城・観光施設見学」 ※参加費1,000円、弁当代1,000円
    (当日8:30~12:20 島根県民会館303会議室で受付) 70~90人定員

開催チラシ(PDF)   おもて面  うら面  

14年6月30日 月曜日

第12回地域人権問題全国研究集会in埼玉

テーマ「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に いつまでも住み続けられ平和で人間らしく幸福に暮らせる地域社会実現のために」 

期日 2016年10月29日(土)~30日(日)
場所 ソニックシティ、他(30日さいたま近郊)
主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
参加費 4000円(分科会のみ参加は2000円、学生無料)

1日目 全体会13:00~17:00 受付11:30~
  ■記念講演 「(仮)貧困・不平等と社会福祉」
              講師  唐鎌直義氏(立命館大学教授)
  ■基調報告     報告者 新井直樹氏(全国人権連事務局長)
  ■現地報告 「「9条」俳句問題と公民館 表現の自由と行政」
              報告者 佐藤一子氏(東京大学名誉教授)

2日目 分科会9:00~12:00  受付8:30~ [討論の柱の提起と各地の取り組み、フロア発言をおこないます(第5を除く)]
  ■第1分科会「暮らしやすい地域づくり」
    ・暮らしやすい地域社会の課題を明らかにする
    ・「地域人権憲章」を地域づくりに活かす
  ■第2分科会「「部落差別」の現状と課題解決の道
    ・部落問題解決の到達点を解明
    ・「「部落差別」固定化法」の本質を明らかにする
  ■第3分科会「部落問題学習の弊害」
    ・部落問題の教科書記述をただす
    ・「人権教育」とは何か
  ■第4分科会「貧困の実態と改善」
    ・地域社会の様々な貧困課題の把握
    ・住民運動と行政などの役割
  ■第5分科会「そもそも部落問題とは」
    ・中世の身分と社会集団
    ・国民的融合の到達

開催チラシPDF(おもて面うら面)   

14年6月25日 水曜日

第10回地域人権問題全国研究集会in松江 10/11-12 チラシ

20141011.jpg

20141012.jpg

13年7月7日 日曜日

第9回地域人権問題研究集会

テーマ「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に」 

期日 2013年10月12日(土)~13日(日)
場所 北九州市立大学 北方キャンパス 
主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
後援 福岡県、福岡県教育委員会、北九州市、北九州市教育委員会
参加費 4000円(分科会のみは2000円、学生無料)

1日目 受付11:30~、全体会13:00~17:00
  ■シンポジウム
  講師 渡辺治氏(一橋大学名誉教授)、二宮厚美氏(神戸大学名誉教授)
      コーディネーター 三輪俊和氏(北九州市立大学名誉教授)
  ■基調報告
  「地域人権をめぐる諸課題と集会討論の提起」 新井直樹氏(全国人権連事務局長)
  ※北方地域のフィールドワーク(希望者)
  12日、講堂前17:15集合(約1時間程度)

2日目 分科会9:00~12:00 北方キャンパスの各教室(第9分科会は現地集合) 受付8:30~
  ■第1分科会「暮らしやすい地域づくり」
    ・暮らしやすい地域社会の課題を明らかにする
    ・「地域人権憲章」を地域づくりに活かす
    助言者 井上英夫氏(金沢大学教授)
  ■第2分科会「新しい福祉社会(国家)の社会保障」
    ・社会保障の現実と新たな福祉社会
    ・高齢者や障害者の課題、介護、就労、福祉の地域問題
    助言者 二宮厚美氏(神戸大学名誉教授)
  ■第3分科会「憲法を活かし地域人権の確立」
    ・憲法をめぐる情勢と国民の課題
    ・地域社会と憲法「人権」運動の展望
    助言者 渡辺 治氏(一橋大学名誉教授)
  ■第4分科会「同和問題の解決と行政・教育」
    ・同和問題の現状と「実態や意識調査」の結果
    ・人権啓発、人権教育の問題とあるべき方向
    助言者 奥山峰夫氏(大阪経済法科大学教授)
  ■第5分科会「ジェンダーフリー、女性が輝く社会」
    ・社会的性差の実態と平等の実現をめざす
    ・暮らしと労働の見直し
    助言者 東 敦子さん(黒崎合同法律事務所・弁護士)
  ■第6分科会「いじめ・自殺のない学校づくりを考える」
    ・児童生徒主体の学校づくり
    ・保護者、地域社会と学校との係わり
    助言者 山上 修氏(滋賀民主教育研究所事務局長)
  ■第7分科会「原発公害から地域社会を守る住民運動」
    ・原発被害の現状と反原発のたたかい
    ・エネルギー政策の転換課題
    助言者 馬奈木昭雄氏(久留米第一法律事務所長・弁護士)
  ■第8分科会「TPP参加-いのちと暮らしはどうなる」
    ・TPP参加と国のかたち
    ・自由貿易の原理と経済発展の課題
    助言者 磯田 宏氏(九州大学准教授)
  ■第9分科会「スマートコミュニティと人権のまちづくり」(現地集合)
    ・八幡東区東田地域のフィールドワーク
    現地説明者 柴田泰平氏(北九州市環境未来都市推進室・スマートコミュニティ担当課長)

開催チラシ(PDF)  おもて面  うら面  

12年7月10日 火曜日

第8回地域人権問題研究集会

ありがとうございました。第8回京都全研は6/30、7/1の日程で終了 。

「第9回全研」は、2013年10月、北九州市で開催予定。

以下は、今年の第8回京都全研の内容です。

主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
後援 京都府、京都府教育委員会、京都市、京都市教育委員会

メインテーマとサブテーマ
「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に」
 -貧困と格差をなくし地域社会に人権を確立しよう-

期日 2012年6月30日(土) 13:00~ 翌7月1日(日)12:00まで
参加費4,000円(2,000円×2日間、学生は無料)

[1日目]
全体会  6月30日(土)13:00~17:00
場所  「京都テルサ」(京都府民総合交流プラザ) 京都市南区東九条下殿田町70

記念講演 「歴史のなかの部落問題とその解決過程」 

       講師      鈴木  良氏(元立命館大学教授) 

       聞き手 奥山峰夫氏(大阪経済法科大学教授)

特別報告 「橋下大阪市長が行った『思想調査』と『維新改革』の周辺」

       成瀬明彦氏(大阪市をよくする会事務局次長)

基調報告 「第8回全国研究集会の課題と地域人権運動の提起」

       新井直樹氏(全国人権連事務局長)

[2日目] 

分科会    7月1日(日)9:00~12:00 (テーマ別6会場、京都市内)

■第1分科会「暮らしやすい地域づくり」
 ・地域社会の現状と地域人権運動の課題
 ・医療、介護、福祉、就労などの取り組みを交流
 ・「地域人権憲章(案)」の議論
 運営委員報告「権利憲章と地域実践」 中島純男氏(全国人権連副議長)
 助言者 碓井敏正氏(京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科教授)

■第2分科会「地域の防災課題と復興」
 ・大震災や原発災害から教訓を学ぶ
 ・街づくり、地域づくりを進めるポイントを考える
 運営委員報告「フクシマの現実から」 丹波史紀氏(福島大学行政政策学部准教授)
 助言者 本多昭一氏(京都府立大学名誉教授)

■第3分科会「人権委員会設置法案の動向と差別助長行為、エセ同和行為」
 ・人権擁護の課題と人権委員会設置法案
 ・マスコミ報道やインターネット上の問題と表現行為、エセ同和行為を考える
 運営委員報告「人権委員会設置法案の動向と課題」 新井直樹氏(全国人権連事務局長) 
 助言者 奥山峰夫氏(大阪経済法科大学法学部教授)

■第4分科会「『根深い差別意識』論と行政啓発のゆがみ」
 ・啓発パンフにみられる「根深い差別意識」の論拠はあるか
 ・人権啓発、人権教育のあるべき方向
 運営委員報告「埼玉での同和行政終結の動き」 三枝茂夫氏(全国人権連幹事)
 助言者 石倉康次氏(立命館大学産業社会学部現代社会学科教授)

■第5分科会「社会発展の歴史と部落問題解決」
 ・社会発展の歩みと部落問題、近世社会と身分制について概観し今後の歴史像を深める
 ・部落問題の肥大化等、誤った教科書記述の訂正を視野に議論を深める
 運営委員報告「教科書記述と子どもの賤称語発言」 西村導朗氏(全国人権連常任幹事)
 助言者 藤本清二氏(和歌山大学教育学部教授・日本史)

■第6分科会「崇仁地域ウォッチング」
 ・自立的再開発構想の街づくりを学ぶ
 ・誰もが住みたくなる街を考える(事業計画の説明・案内)
 案内 全国人権連京都府連京都市協議会

※チラシPDF 第9回全研チラシ・おもて 第9回全研チラシ・うら    地図は表面参照  

11年6月27日 月曜日

地域人権問題第7回全国研究集会

第7回全研は、2011年6月25日~26日、和歌山県白浜町。

主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
後援 準備中

メインテーマとサブテーマ
「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に」
 -貧困と格差をなくし地域社会に人権を確立しよう-

期日 2011年6月25日(土) 13:00~ 翌26日(日)12:30まで
参加費4,000円(2,000円×2日間)

[1日目]

有馬理恵さん全体会  2011年6月25日(土)13:00~16:50

場所   「白浜町立総合体育館」 和歌山県西牟婁郡白浜町29-3

 

 

記念講演 「差別と戦争をなくすために~おしばいとおはなし~」 

       -ふるえるような怒りの奥底にすがるような生命の願いがあった-

       講師 有馬理恵氏(女優・劇団俳優座、日本平和委員会代表理事)

特別報告① 「水平の行者 栗須七郎」 廣畑研二氏(日本近代史研究者)

特別報告② 「住民とともに考えるまちづくり」 橋本明彦氏(すさみ町長)

基調報告 「第7回全研の課題と地域人権運動の提起」

[2日目] 

分科会    26日(日)9:00~12:30 (テーマ別5会場、白浜町内)

■第1分科会「暮らしやすい地域づくり」
 ・地域社会の現状と地域人権運動の課題
 ・介護、福祉、就労などの取り組みを交流
 助言者 碓井敏正氏(京都橘大学現代ビジネス学部都市環境デザイン学科教授)
 助言者 藤田安一氏(鳥取大学教授)

■第2分科会「人権の戦後史」
 ・人権のとらえ方と今日の人権の到達点
 ・これからの人権保障の柱と国民の取り組み
 報告者 小畑隆資氏(岡山大学名誉教授)

■第3分科会「地域の人権諸課題と人権擁護の課題」
 ・地域社会が連帯して人権諸課題に取り組むために
 ・現行人権擁護の制度をめぐる課題とあらたな人権機関について
 助言者 奥山峰夫氏(大阪経済法科大学法学部教授)

■第4分科会「『根深い差別意識』論と人権啓発のゆがみ」
 ・『根深い差別意識』の論拠はあるか
 ・人権啓発、人権教育のあるべき方向
 助言者 石倉康次氏(立命館大学産業社会学部現代社会学科教授)

■第5分科会「社会発展の歴史と部落問題解決」
 ・社会発展の歩みと部落問題について中世・近世・近現代を概観し、今後の歴史像を深める
 ・部落問題の肥大化等、誤った教科書記述の訂正を視野に議論を深める
 報告者 小牧薫氏(大阪歴史教育者協議会委員長)

※チラシPDF 第7回全国研究集会-表面  第7回全国研究集会-裏面 地図は表面参照

会場写真イメージ白浜町立総合体育館  マップmap.gif

11年6月26日 日曜日

第7回全国研究集会

※記録として 

第7回全研 初日1200人、分科会会場では廊下で立ち見も

主催 全国地域人権運動総連合・現地実行委員会
後援 和歌山県、和歌山県教育委員会

メインテーマとサブテーマ
「憲法を暮らしに活かし、住みよい地域社会に」
 -貧困と格差をなくし地域社会に人権を確立しよう-

期日 2011年6月25日(土) 13:00~ 翌26日(日)12:30まで
参加費4,000円(2,000円×2日間)

[1日目]

有馬理恵さん全体会  2011年6月25日(土)13:00~16:50

場所   「白浜町立総合体育館」 和歌山県西牟婁郡白浜町29-3

 

 

記念講演 「差別と戦争をなくすために~おしばいとおはなし~」 

       -ふるえるような怒りの奥底にすがるような生命の願いがあった-

       講師 有馬理恵氏(女優・劇団俳優座、日本平和委員会代表理事)

Continue Reading »

10年10月4日 月曜日

2010 第10回地方自治研究全国集会in岡山

イメージ2年に1度開催される地方自治研究全国集会。今年は10月16日、17日の両日、岡山市の「岡山シンフォニーホール」や岡山大学などを会場に開催されます。貧困と格差拡大がいまなお広がりつづける中で、「憲法」のもつ意味や地方自治の役割に大きな期待が寄せられています。同時に国民、県民、市民、住民、一人ひとりの連帯の力で地域や職場、暮らしを守る運動が重要な局面を迎えています。政治を変えて本当に誰もが生き生きと生活できる世の中をつくっていくことが大切です。

今回の研究集会は、オトナのための「夜のナイター講座」や岡山の魅力を知ってもらうための備前焼まつり、ジーパン発祥の児島の繊維まつりなど、なかなか見どころも豊富な集会となっています。全国人権連もこの研究集会に参加しています。チラシ全体のPDFはこちらをクリック。

Next »