「解同」問題など

16年10月2日 日曜日

奥山さん。部落法案反対を語る

kimg0398.JPG

16年9月16日 金曜日

「部落問題解決に逆行する法案を廃案に」(愛知の取り組み)

img0011.jpg
img002.jpg

16年8月31日 水曜日

国民のみなさんへ-アピール- 部落問題解決に逆行し同和利権を温存する「部落差別解消法」案を廃案にしましょう

国民のみなさんへ-アピール-
部落問題解決に逆行し同和利権を温存する「部落差別解消法」案を廃案にしましょう
20168301.pdf

16年6月28日 火曜日

「『部落差別』固定化法」案に反対する取り組み

案内文や署名用紙を以下に掲載しましたので、ご活用下さい。

2016628.pdf

16年5月20日 金曜日

「部落差別」を固定・永久化  19日法案提出

kimg0303.JPG

16年5月9日 月曜日

5月10日自民総務会にかかる同和新法に反対 5/9

2016591.jpg
201511gogai1.jpg
2015_12_gogai21.jpg

16年5月6日 金曜日

自民の部落差別永久化法案に断固反対56

201656.pdf

関係資料と係わって
兵庫県では、県の見解のもとで、いわゆる解同条例は阻止することは出来たものの、
その後の巻き返しで、三木市、篠山市で制定を許しました。
その他、香住町、出石町で制定されていましたが、市町合併で条例は廃止されています。

07年3月10日 土曜日

「えせ同和行為対応の手引き」法務省人権擁護局が作成

「えせ同和行為対応の手引き」法務省人権擁護局が作成しています。
>> えせ同和行為対応の手引き」概要版 PDF32KB
>> 法務省人権擁護局トップページ
>> 「えせ同和行為」を排除するために(法務省人権擁護局関連ページ)

07年3月8日 木曜日

えせ同和行為にあったら・・・・・・・・・・・・

えせ同和行為とは、同和問題を口実にして高額な図書の押し売りをはかったり、工事や入札などで強引な手法をとったりすることです。 これは同和問題の解決とは一切無縁の行為です。

いま、「同和文献保存会」や「全国同和人権促進会」というえせ同和団体による、高額書籍(5万円から6万円前後の図書)の押し売り被害が相次いでいます。 もしえせ同和行為に遭遇したら、全国人権連 東京都連(電話=03-5806-3473)にお気軽にご相談ください。 事実関係を記録に残すためも含み、電子メールでご相談くだされば幸甚です。

えせ同和行為への対処法については、東京都連のホームページに詳しく出ております。

また、各都道府県庁でも相談窓口が設置されておりますし、法務局にも専用窓口がございます。

« Prev